勃起(ぼっき)力改善のツボ21選(※写真つき)

 

精力剤ランキング

 

勃起ツボ押し


まこと

こんにちは!管理人の「まこと」です。

突然ですが、

「ED」や「中折れ」で悩んでいませんか?

「ここぞという時に勃たない・・」
「最近、勃起力が弱くなってきたな・・」
「中折れしたくない・・」
「彼女(妻)とセックスを思いっきり楽しめない」
「男として情けない・・」

こういった精力不足を改善したいと思いませんか?

勃起(ぼっき)を改善する「ツボ押し」を継続することで、少しづつ精力不足は改善してきます。

そもそもツボって何?

ツボは、「神経」と「血管(血流)」が交わるポイントのことです。

東洋医学では人体に存在するツボは365箇所、WHO(世界保険機関)では361箇所あると発表されています。

この300以上もあるツボの中には、神経伝達と血流を改善し、精力をアップさせるツボが存在します。

その中でも、特に効果があり、専門医院でもアドバイスされる勃起(ぼっき)を改善するツボを21ヶ所ご紹介します。

いつでもどこでも指圧できるツボもありますので、ツボ押し習慣をぜひ身につけてください。

それでは、精力のツボの世界へ行ってみましょう・・

【 もくじ 】

1.副交感神経を優位にし勃起(ぼっき)力を改善するツボ
1-1.関元(かんげん)
1-2.中極(ちゅうきょく)&大赫(だいかく)
1-3.命門(めいもん)&腎兪(じんゆ)
1-4.三陰交(さんいんこう)

2.勃起(ぼっき)力を改善するツボ
2-1.商陽(しょうよう)
2-2.三焦経(さんしょうけい)
2-3.陽地(ようち)
2-4.労宮(ろうきゅう)
2-5.げき門(げきもん)
2-6.築賓(ちくひん)
2-7.会陰(えいん)
2-8.次髎(じりょう)
2-9.浪越圧点(なみこつあつてん)
2-10.陰包(いんぽう)
2-11.気衝(きしょう)
2-12.横骨(おうこつ)
2-13.前立腺帯(ぜんりつせんたい)
2-14.睾丸帯(こうがんたい)
2-15.耳にもある勃起(ぼっき)力改善のツボ

3.勃起(ぼっき)力を改善するツボ まとめ

1.副交感神経を優位にし勃起(ぼっき)力を改善するツボ

夫 まこと
勃起する時には副交感神経が優位に立っていなければいけません。

生活習慣の乱れやストレスなどで自律神経が乱れていると勃起がスムーズにいきません。

体をリラックスさせ、勃起の助けとなる副交感神経を刺激することのできるツボをご紹介します。

1-1.関元(かんげん)

関元(かんげん)

関元には体が元気になるために必要なエネルギーが集まっており、勃起力を高めてくれるツボです。

又、免疫力を高め、息切れ、倦怠感、下痢、体力低下、物忘れや、冷え、月経痛(女性only)、更年期障害などの不調にも効果が期待できます。

刺激の方法

へその下3寸(指4本分)のところにあり、気功や太極拳では下丹田と呼ばれています。

ヘソにあるツボ「神闕(しんけつ)」から指4本分下の関元まで両手を重ねて、お腹がへこむのに合わせて押さえます。

「5秒押しては離し、5秒押しては離し」を10回程繰り返すと良いでしょう。

妻 ゆうこ
疲れた手足にじんわり血流が流れていきます。

→ もくじに戻る

1-2.中極(ちゅうきょく)&大赫(だいかく)

中極大赫

中極(ちゅうきょく)と大赫(だいかく)はペニスなどの股間周辺に血液が流れ込みやすくなるツボになります。

従って、男性ホルモンの分泌を促進し、勃起力を高める効果があります。

刺激の方法

中極(ちゅうきょく)はおへその下、指4本分のところ(関元)の指1つ分下です。

大赫(だいかく)は関元の左右(ヘソから指4本分下の、左右に5mmほどずれた場所にあります。

これらのツボを一点集中で押さえたり、親指を回しながら揉むのが効果的です。

毎日1分くらい刺激すると良いでしょう。

妻 ゆうこ
ベッドの上だと押しやすいですよ!

→ もくじに戻る

1-3.命門(めいもん)&腎兪(じんゆ)

命門腎兪

命門は気血の流れを整え、体力と気力をパワーアップさせ、精力を上げるツボです。

下半身の冷えによる腰痛、腹痛や下痢、軟便などが見られる時も有効です。

腎兪(じんゆ)には人が持って生まれた生命力に活力を与える効果があり、年齢によって衰える勃起力の復活に効果的なツボです。

他にも腰痛、冷え、更年期障害、疲労、だるさ、肝臓の病気、耳鳴り、難聴、生殖器系疾患など、数多くの症状に効果があります。

刺激の方法

命門(めいもん):第2腰椎の「棘突起(きょくとっき)」と第3腰椎の「棘突起」の間にあるツボです。

肋骨の一番下と同じ高さの、背骨の突起の下(ヘソの真後ろ)にあります。

押しにくいのですが、突起の間に両手の中指を重ね、左手を下にして毎日30回程度軽く押してください。

届かない場合には、片手の人差し指と中指で押しもみしましょう。パートナーに手伝ってもらうとより良いです。

腎兪(じんゆ):背骨の両側、指2本分のところで、一番下のあばら骨やヘソの高さに位置します。

親指をツボに置き、状態をそらすように曲げると効果的に刺激できます。

毎日30回程度軽く押してください。

妻 ゆうこ
パートナーに押してもらうのが一番!

→ もくじに戻る

1-4.三陰交(さんいんこう)

三陰交

ホルモンの分泌と、生殖器の活性化を促すことで勃起力を高めるツボです。

体温を高める効果もあるので、冷え性や消化器官にも効果があります。

刺激の方法

内くるぶしから指4本分上の骨の脇にあります。

親指の腹をツボにあてて足首の上を強めに揉むようにして押し込みます。

3〜5秒くらい押して、徐々に圧力を弱めていきます。1日3〜5分が目安です。

妻 ゆうこ
ちょっと痛いかも・・

→ もくじに戻る

2.勃起(ぼっき)力を改善するツボ

これからご紹介するツボは勃起力を直接的に強化してくれるツボになります。

手のツボはいつでもどこでも押すことが出来ますので習慣にすると良いですね。

2-1.商陽(しょうよう)

商陽(しょうよう)

自律神経のバランスを整えることで、勃起力をアップさせるツボです。

他にも肝臓の働きを整えたり、滋養強壮、ストレス緩和などの効果もあります。

刺激の方法

人差し指の爪の付け根部分から3mm程親指の方向にずれた場所が商陽(しょうよう)です。

親指と人差し指で挟んで強めに押します。少し痛いくらいが効果的です。

妻 ゆうこ
電車の中で押せますね^^

→ もくじに戻る

2-2.三焦経(さんしょうけい)

三焦経(さんしょうけい)

三焦経(さんしょうけい)は自律神経を司るツボです。

ここを刺激することで自律神経を整え、血流やホルモンの分泌を活発にします。

そうすることで勃起のメカニズムで大切な「脳」「神経」「血管」の機能が高まり、勃起力がアップします。

刺激の方法

薬指を親指と人差し指の腹全体でつまみます。

そして親指の腹を使って、小さな円を描くように、少し強めに揉んでいきます。

1回あたり、3分程度のマッサージを、1日3回程度行なうといいでしょう。

→ もくじに戻る

2-3.陽地(ようち)

陽地(ようち)

「気血」の巡りを改善してくれる万能なツボです。

血流を促進してくれるので、勃起力アップに効果的です。

体を温め、免疫力をアップさせます。

刺激の方法

手首を上側に反らすと、手首にシワができます。

そのシワの中央より少し小指側に、凹んだ場所があります。そこが「陽地」です。

手首を握るように持ち、親指を立てて押します。

しっかり押して痛気持ちいいくらいの強さで押しましょう。「5秒押して離す」を10回繰り返すと良いでしょう。

妻 ゆうこ
シワができるところ!

→ もくじに戻る

2-4.労宮(ろうきゅう)

労宮(ろうきゅう)

「労宮」を押すことで血行が良くなり体の緊張を緩和させたり、気持ちを落ち着かせることができます。

血行が改善しますから、ペニスへの血流も促進され勃起を促します。肩こりなどにも効果的なツボです。

刺激の方法

手のひらの中央に位置しており、こぶしを握った時に中指と薬指の先端の間にあります。

労宮を中心に手のひら全体を少々強く指圧することで気持ちがいいです。

5秒押して離し、5秒押して離すを5回程度繰り返してください。

ゴルフボールを両手に抱え込んで労宮を押し合うのもおすすめです。痛気持ちいい程度で行ってください。

妻 ゆうこ
リラックス効果も高いんですよ!緊張を緩和する時に、人と書いて飲むって言われてきたのは、労宮を刺激できるからですね。

→ もくじに戻る

2-5.げき門(げきもん)

げき門

自律神経の興奮を鎮め、精神を落ち着かせます。

性的な刺激を陰茎に伝達しやすくすることで勃起力がアップします。

動機や息切れ、胸部不快感、胸痛などにも効くと言われています。

刺激の方法

手首の横シワから指8本分ひじ寄りの、腕の中央に位置し、押すと少し痛いところが「げき門」です。

そこを手首を握るように持ち、1分程度親指で押したり、揉んだりします。強く押しすぎないようにしてくださいね。

妻 ゆうこ
ここは痛いかも!!

→ もくじに戻る

2-6.築賓(ちくひん)

築賓(ひくひん)

「築賓」は下半身の血流を改善することで、勃起力を高めるツボです。

他にも「足の冷え」や「むくみ」などを解消する効果があります。

立ち仕事、長時間のデスクワークで足がむくんでいる方はオススメのツボですよ。

刺激の方法

ふくらはぎの内側にあるツボです。

膝とくるぶしの中間あたりのふくらはぎの内側を押し、痛い部分が「築賓」です。

親指の腹で強めに5秒押し離し、5秒押し離しを5回程度繰り返してください。

妻 ゆうこ
便通改善のツボでもあります。便秘の人はかなり痛いので覚悟を・・笑

→ もくじに戻る

2-7.会陰(えいん)

ペニス(陰茎)の付け根と肛門の中央にあるツボです。

少しへこんでいる部分です。

下腹部の血行と陰部の血行を直接改善するので性交渉前に押すことで勃起を高く保つことができます。

2-8.次髎(じりょう)

次髎(じりょう)

お尻の上部にある仙骨のくぼみです。

腰部と同時に生殖器の血行を改善してくれる勃起力アップのツボです。

刺激の方法

親指の腹で5秒押して離すを5回程度行ってください。

パートナーに教えてもらうといいですね。

→ もくじに戻る

2-9.浪越圧点(なみこつあつてん)

浪越圧点(なみこつあつてん)

お尻をキュッと締めた時にできるくぼみの上部です。

上殿神経を刺激することができます。

腰痛改善に効果的で、陰部の血行促進も期待できます。

刺激の方法

親指の腹で押したり、揉んだりを1分程度行ってください。

妻 ゆうこ
このツボは気持ちがいいです!

→ もくじに戻る

2-10.陰包(いんぽう)

陰包(いんぽう)

陰包は太ももの内側から指5本先の箇所にある画像のポイントのところです。

腰部にある勃起中枢の刺激ができるので、生殖機能の向上が期待できます。

ペニス(陰茎海綿体)への血流促進、精子生成の助けになりますから、ぜひ陰包ツボ押しの習慣をつけてください。

刺激の方法

親指の腹で強めに押し込むようにしてツボ押しします。

すこし痛いくらいが効果的です。

妻 ゆうこ
足の疲れも取れます^^

→ もくじに戻る

2-11.気衝(きしょう)

気衝(きしょう)

参考元:https://gogo89.com/shinnkyu

気衝は足の付け根中央の少し上部のところです。

画像のポイントを確認してください。

尿道や膀胱の疾患に効果的とされているツボですが、精力回復にも最適なツボです。

陰茎(ペニス)への血流をアップさせ、神経伝達も改善されます。

刺激の方法

4本指の腹で押し込むように、少し強く揉んでください。

毎日30秒×2セットを行うだけで、効果が出てきます。

妻 ゆうこ
強く押しすぎないように!

→ もくじに戻る

2-12.横骨(おうこつ)

横骨(おうこつ)

参考元:http://www.kansai-kagaku.co.jp/?attachment_id=3652

横骨は恥骨上部の左右にあります。

男性ホルモン低下による、性欲減退をサポートします。

このツボを押すだけでムラムラする男性も少なくないです。

刺激の方法

両方のツボを指1本づつを使って押し揉んでください。

性器付近ですので、強く押しすぎないように注意してください。効果は大です。

→ もくじに戻る

2-13.前立腺帯(ぜんりつせんたい)

前立腺帯(ぜんりつせんたい)

前立腺帯(ぜんりつせんたい)は内くるぶしの下側にあります。

前立腺の機能を高める効果があり、射精コントロール能力が高まります。

「早漏」の男性には最適なツボになります。

過度な興奮、疲れなどですぐに射精してしまう男性もいますが、前立腺の疲労を改善し、機能を高めることで、早漏射精をある程度ガマンできるようになります。

刺激の方法

親指の腹で、強く、流すように刺激してください。爪で傷つけないように注意です。

→ もくじに戻る

2-14.睾丸帯(こうがんたい)

睾丸帯(こうがんたい)

睾丸帯は外側のくるぶし、下部にあります。

ツボの名前の通り、睾丸機能を改善する効果があります。

精子能力(妊娠)の向上、精子量増加などの効果が期待できます。

刺激の方法

こちらも、親指の腹で流すように強めに押してください。

妻 ゆうこ
精力が弱っている人は痛いそうです。

→ もくじに戻る

2-15.耳にもある勃起(ぼっき)力改善のツボ

耳の精力ツボ

【内分泌】

珠間切痕(しゅかんせっこん)という箇所が内分泌系のツボになります。

男性ホルモン分泌の促進をするツボになります。性欲アップ、性機能向上の効果が期待できます。

【腎】

耳の穴、左斜め上にあるツボです。

このツボは生殖機能向上の効果があり、精子力がアップすると言われています。

【睾丸】

耳たぶ上部の「ぽこっ」と少し出ている部分があります(対耳珠)。

その裏側が睾丸機能を向上させるツボになります。妊活男性に最適なツボです。

【外生殖器】

最後は、耳の最上部にあるツボになります。

性器機能をアップさせる効果があります。

勃起力を強化するツボですので、中折れ、ED(勃起不全)に悩んでいる方はツボ押しの習慣をつけてくださいね。

妻 ゆうこ
耳いじりする振りをして、ツボ押しできます!

→ もくじに戻る

3.勃起(ぼっき)力を改善するツボ まとめ

まこと笑顔

勃起(ぼっき)を改善するツボ21選はいかがでしたでしょうか?

電車の中でも、職場でも、ふとした瞬間にツボ押しできる場所もありましたよね。

ツボは、神経と血流を改善したり、内臓の働きをアップさせたり、疲労回復効果を高めるなど、精力アップ効果だけではありません。

健康増進の効果も高いですから、ぜひツボ押し習慣を身につけてくださいね。

飲むだけで勃起力を強化できる精力サプリメントって?

精力サプリ飲む

精力をアップさせるツボを21カ所紹介してきましたが、

「面倒だから続けられないかも・・」
「痛いので、もはや押したくない・・笑」
「あまり効果がない。」

という方は、

飲むだけで精力アップできる精力サプリメントをおすすめします。

精力サプリは、

  • 「効果がない」
  • 「怪しい」
  • 「体に悪影響があるのでは?」

と思われていますが、

残念ながらそれは誤解です。

ED治療薬のように薬効成分は一切使わず、

「マカ」や「クラチャイダム」「牡蠣」「シトルリン」などの自然の原料や成分が中心に構成されていますので、

副作用は一切ありません。

アルギニンやBCAAなどのアミノ酸や、ビタミン、ミネラルが高配合されているので、

  1. 「疲労回復」
  2. 「滋養強壮」
  3. 「勃起力アップ」
  4. 「精子量増加」
  5. 「性欲向上」

などの効果を一度に感じることができる、万能な健康食品です。

飲むだけで、疲れが取れて毎日元気に動けるようになりますし、夜もパートナーの女性と思う存分楽しめるようになります。

もちろん、夜遊び、、が好きな男性にも最適です(笑)

女性と夜を楽しむのは男としての幸福の1つですよね。

当サイトで、実際に飲んで効果を検証した記録記事を下記に載せておきます。

気になるサプリがあれば覗いて見てくださいね。^^

<選択肢1>

海乳EX口コミ

性欲を強くして、精子の量を増やしたい!という方は、

海乳(かいにゅう)EXの口コミ記事」へ

<選択肢2>

マカ&クラチャイダム12000

溜まった疲れをとって、勃起力を強くしたい!

ふにゃちんを「カチカチペニス」に蘇らせたいという方は、

マカ&クラチャイダム12000+の口コミ記事」へ

<選択肢3>

ED(勃起不全)を本格的に改善したい人は、ED改善効果が医学的に認めらている

クラチャイダム王(キング)の口コミ記事」へ

 

→ もくじに戻る


 

精力剤ランキング