アセトアルデヒドとは?



アセトアルデヒドとは肝臓でアルコールを分解した後に放出される中間代謝物質です。最終的には水と炭酸ガスに分解され尿として排泄されます。この物質ですが、お酒を飲めば飲むほど血液中に流れ込みます。量が増えすぎると頭痛や吐き気、動悸などの原因になります。二日酔いの犯人はこのアセトアルデヒドなのです。