ED治療薬「シアリス」の効果と副作用

 

精力剤ランキング

 

シアリス


・目次

1、シアリスとは?
2、「シアリスの持続時間て何時間ですか?」
3、「夜飲んだら朝も勃ちっぱなしですか?」
4、「効果が持続している時に更に血行を良くすることで頭痛などの副作用がありますか?」
5、「なんでED中折れを改善できるの?」
6、併用禁忌薬(ED治療薬と一緒に飲んではいけない薬)
7、シアリス豆知識
8、飲み過ぎ食べ過ぎは禁物
 <シアリスは800キロカロリーまで!>
 <お酒で効果が台無しになることも!>
 <本当は空腹時に飲んだ方が効く!?>
9、偽物注意!
10、まとめ


1、シアリスとは?

シアリスとは?
 

シアリス(成分:タダラフィル)は日本の3大ED治療薬の1つです。2007年7月より日本で販売の承認が下りました。まだED治療薬としては歴史は浅いものになります。

製造は日本イーライリリー株式会社が、販売は日本新薬株式会社が行なっています。シアリスの主成分はタダラフィルでED治療薬以外の薬にも利用されています。

規格は10mg(1錠:1700円)、20mg(1錠:1800円)の2つです。

ED治療薬シアリスは保険適用外なので購入の際は100%自己負担になります。また、専門医院で診察を受ける際の診察料も保険適用外です。(従って、保険証は不要となります。)

シアリスは、他のED治療薬(バイアグラ・レビトラ)よりも、効果が出始めるのは遅いですが、その分持続時間は長くなっています。食事の影響も受けないとあって人気のED治療薬です。

効き目もマイルドで自然に勃起をするように効果を発揮してくます。それでは、シアリスの疑問、質問に詳しく回答していきます。


2、「シアリスの持続時間て何時間ですか?」

持続時間
 

シアリスは、性交渉の3〜4時間前くらいに服用することが推奨されています。効果が出始めてからどのくら持続するのか公式に発表されている時間は以下になります。

シアリス10mg:20〜24時間
シアリス20mg:30〜36時間

他のED治療薬(バイアグラ・レビトラ)の場合、効果持続時間は4〜6時間とされていますので、服用するタイミングを気にする必要がありました。

しかし、シアリスなら一度服用すれば20時間以上マイルドに効果を発揮してくれますので、タイムリミットを気にせずリラックスして性交渉に挑めます。


3、「夜飲んだら朝も勃ちっぱなしですか?」

勃起継続
 

たまに、お問い合わせから「シアリスを飲んだら次の日の朝までずっと勃起していますか?営業マンをしているのでお客様の前で勃っていたら仕事になりません笑」という質問を頂きます。

安心してください。シアリスを飲んだからといって「強制的」に勃起状態が続くわけではありません。

シアリスは陰茎海綿体への血行を促して「勃起しやすい状態」をつくるお薬です。

決して飲んだからといって、性的な興奮なしに勝手に勃起し続けるものではないのです。

性的な刺激が肌から感じたり、またイメージすることで勃起します。もちろん勃起しやすい状態になっていますので、勃起したくないところでは性的なことは避けて、考えないようにする必要があります。

それは、シアリスを飲んでいないときでも同じですよね?(笑)


4、「効果が持続している時に更に血行を良くすることで頭痛などの副作用がありますか?」

副作用
 

シアリスに限ったことではないですが、バイアグラ、レビトラも含めED治療薬には「副作用」があります。「頭痛」「ほてり」「動悸」「目の充血」「消化不良」「背中の痛み」「鼻詰まり」などの副作用が代表的なものです。

ED治療薬は血行を良くする薬で、その副作用として頭痛が起こっています。

従ってシアリスの効果が持続している時に、お風呂に入ったりすることで更に血行が促進されますので、頭痛が出ることも必然的でしょう。

シアリスの副作用で一番多いものが「頭痛」になりますが、これは、性交渉中の運動によって更に血行が良くなり起こっているケースもあります。

ED治療薬を服用する時には「副作用」はつきものです。体への負担をかけず健康的にEDや中折れを改善したい方は精力「サプリメント」を飲むことを推奨しています。


5、「なんでED中折れを改善できるの?」

ED改善理由
 

ED治療薬はどうして勃起不全や中折れを改善するのでしょうか?

まず勃起するメカニズムを理解しましょう。男性は、肌(触覚)、視覚、聴覚などの五感から性的な刺激を感じると、脳の勃起中枢に刺激が行きます。

そこから脊椎を伝わり、刺激が陰茎(男性器)に伝わります。その時に、陰茎海綿体という男性器の毛細血管内にサイクリックGMP(cGMP)という物質が発生します。

これが、一酸化窒素を発生させ男性器の毛細血管が広がり血液が流れ込むことで勃起するのです。

しかし老化が原因でサイクリックGMPを阻害するPDE-5という酵素があると、勃起しづらくなります。勃起は、サイクリックGMPが発生することで、陰茎海綿体に血液が流れ込みます。

ED治療薬は、このPDE-5という酵素を抑制してくれる薬なのです。興奮はするし、やる気もあるのに勃起できないのはこのPDE-5酵素が原因なのです。

ED治療薬は老化で勃起できない陰茎を強制的に勃たせる特効薬なのです。

シアリスは食事の影響もあまり受けずに効く薬ですが、もちろん副作用もあり、1日1回の服用が限度とされています。体への負担も気遣ってED治療薬を使ってください。


6、併用禁忌薬(ED治療薬と一緒に飲んではいけない薬)

併用禁忌薬
 

ED治療薬と一緒に飲んではいけない成分が入ったお薬があります。「慢性血栓塞栓性肺高血圧症の治療薬」や「塩酸アミオダロン製剤」「硝酸剤」(狭心症のお薬などに含まれている)などの成分が入っている薬との併用は禁止されています。

体への悪影響を及ぼすもので、死亡例も出ています。(参考:日本薬剤師会「市販後情報-クエン酸シルデナフィル(バイアグラ):バイアグラ使用に関するFDAに対する重篤症例概要報告」

特に、何か「持病」をお持ちでED治療薬を服用の際には、医師に相談するようにしてください。


7、シアリス豆知識

シアリス豆知識
 

シアリスは「タダラフィル」という成分が使用されていますが、実はこのタダラフィルは他の薬にも使われているのです!同じ「タダラフィル」が使われているのに、薬品名が異なるお薬を紹介します!

勃起不全対策用:シアリス
肺動脈性肺高血圧症:アドシルカ
前立腺肥大:ザルティア錠

このように、同じ「タダラフィル」という成分を主成分としているのですが、薬品名は異なるのです。


8、飲み過ぎ食べ過ぎは禁物

食べ過ぎ

シアリスは800キロカロリーまで!

「シアリスは食事をしても効くからいいかな!?」と思っているあなた!それはちょっと間違いです。

シアリスは、規定で「800キロカロリー」までの制限がかかってます。性交渉の前にそれ以上の食事をしてしまうとシアリスの効き目が落ちる可能性があります。

性交渉を控えている時は、800キロカロリーまでにしましょう。メニュー例を列挙しておきますので、目安にしてください。

・お酒
ビール350ml缶:150キロカロリー
ビール500ml缶:200キロカロリー
赤ワイン100ml:70キロカロリー
焼酎180ml(1合):260キロカロリー
ウイスキー30ml:70キロカロリー
日本酒180ml(1号):200キロカロリー

・食事
白米茶碗一杯:150キロカロリー
ちらし寿司:600キロカロリー
アジフライ定食:770キロカロリー
うな重:800キロカロリー
ぶりの照り焼き:270キロカロリー
ミートソースパスタ:800キロカロリー
レバニラ炒め:500キロカロリー

お酒で効果が台無しになることも!

お酒は神経の伝達を遅らせる効果があります。心因性ED場合には多少であればリラックス効果になり、ED改善の助けとなりますが、飲み過ぎは注意です。

ED治療薬であるシアリスは勃起を阻害するPDE-5を抑制してくれるものです。

しかし、それは陰茎での問題であって、そもそも、勃起中枢から陰茎に興奮が伝達されなければ、勃起云々の問題ではなくなってしまいます。

ED治療薬は神経の伝達を改善する薬ではありません。お酒の影響でせっかくのシアリスの効き目がなくなってしまいますので、飲み過ぎには注意してくださね。

本当は空腹時に飲んだ方が効く!?

シアリスは食事の影響を受けないと言われていますが、800キロカロリーの制限を守ったとしても、やはり、空腹時の方が効き目は強いです。

シアリスの主成分「タダラフィル」が吸収され血管内を循環している時に、食事をして様々な栄養が混じりこむと「タダラフィル」の効果が薄くなるのです。

800キロカロリーまで効果は落ちにくいとされていますが、体質・体調にも左右されます。ご自身がどのくらいの量を食べると効果が弱くなるのか事前に確認しておくと安心ですね。


9、偽物注意!

ED治療薬偽物
 

ED治療薬には偽物が出回っています。シアリスの規格は「5mg」「10mg」「20mg」の3つです。(5mgはあまり利用されていません)しかし、「c50」「c100」などの強力な配合量のシアリスも出回っています。

「タダラフィル」が1錠に50mgや100mgも配合されているED治療薬は日本で認可されていませんし、日本人の体には負担が大きすぎて命の危険を及ぼすこともあります。ED治療薬は日本で認可されている、「5mg」「10mg」「20mg」を服用しましょう。


10、まとめ

シアリスまとめ
 

いかがでしたでしょうか?シアリスは勃起を阻害するPDE-5を抑制してくれるお薬です。ED治療薬の中でも自然に効果を感じるもので、食事の影響も受けないので、人気が高いです。

決して「強制的」に勃起するものではなくて、「五感」で性的な刺激を受けた時に勃起を助けるものです。

ED治療薬で夜の営みをこなしている年配の男性は非常に多いですが、その分「頭痛」「吐き気」「ほてり」などの副作用や、又、体への負担も覚悟しないといけません。

また、シアリスは他のED治療薬(バイアグラ・レビトラ)と比べて食事の影響を受けにくいと言われていますが、800キロカロリーの制限がかかっており、体調や、体質によっては効果が落ちることもありますので注意してください。

ED治療薬は体に負担をかけるものです。継続した使用はせず、できる限り自然に勃起できるようになることを目指しましょう。


まこと

シアリスは2007年の7月から日本で認定されてばかりでまだ歴史は浅いですが、「食事の影響を受けない」ことにより、大変人気のED治療薬です。

私もED初期の頃は使用したことがありました。お昼頃に飲んでも、夜の時間までマイルドに効果があり、勃起しやすく、また持続力も多少上がりました。

しかし、私はどうしてもゆるい頭痛と顔のほてりで顔が赤くなる副作用がありました。酔っ払っているようにも見えてしまうため、できる限り使いたくはないと思いました。

ED治療薬は「今すぐ何とかしたい!」と言う場合には良いかと思いますが、ドーピングのようなもので、やはり体への負担は大きいです。

血流を強制的に上げて勃起させるものなので体力の消耗が激しいです。

翌日の朝は倦怠感があり、メンタル面にもあまり良くないです。(私の体が貧弱なだけかもしれませんが・・)

緊急時やお守りで持っているのは良いかと思いますが、習慣的に飲み続けるのは私はお勧めできません。

お身体を大切にパートナーの女性と向き合ってくださいね^^


【関連記事】

シアリス服用と同時に勃起つぼを押すと効果的って知ってましたか!?


 

精力剤ランキング