逆行性射精とは?

 

精力剤ランキング

 

逆行性射精


逆行性射精とは?

逆行性射精とは精子が膀胱に逆流する症状のことです。

本来精子は膀胱に逆流しないように尿道には弁(膀胱頸部「ぼうこうけいぶ」)が付いています。

この弁に内尿道括約筋が働いて射精時に閉じるのですが、何らかの原因によりこの弁が機能せずに膀胱に精子が逆流してしまうのです。

つまり射精感があっても陰茎から精子が出てこないのです。別名「空射ち」(からうち)とも言われています。

逆行性射精は、精子の一部だけ射精される「不完全逆行性射精」と、完全に逆流してしまう「完全逆行性射精」があります。

逆流していてもオーガズムは感じることが出来ますので膣内で射精した時には本当に射精されているのか確認する必要があります。

もし完全逆行性射精で膣内に精子が出されていなければ妊娠は難しいでしょう。

カウパー液(我慢汁)で妊娠することは医学的にも証明されていますが、精子の数が極端に少ないので妊娠の確率は極めて低いです。

逆行性射精は精子が逆流したからといって体に何か害が出るものではありません。逆流した精子は尿と一緒にいずれ排出されます。

しかし男性不妊の原因となっていますので、これから子作りを考えている場合には泌尿器科で相談をした方がいいでしょう。


逆行性射精の原因

逆行性射精の原因は様々な病気や薬が関係しています。

糖尿病、脊椎の損傷、外科手術の後遺症(特に前立腺の手術)、薬物の副作用などが挙げられます。

糖尿病は性器の合併症を引き起こす病気でもあります。ED(勃起不全)も同時に発症する可能性があります。

これらが原因で尿道の弁である(膀胱頸部「ぼうこうけいぶ」)がうまく作用せずに精子が逆流してしまいます。

男性の性器の出口は1つですが、内部では尿が出る道と精子が出る道で分かれているので弁が作用しないと尿道を逆流して膀胱に精子が出てしまうのです。

又、近年では「自律神経失調症」も原因の1つとして考えられています。

自律神経失調症は自律神経のバランスが崩れる病気です。「副交感神経」と「交感神経」のバランスが取れなくなり体調を壊し様々な体調不良を引き起こします。

射精時には一瞬だけ「交感神経」に切り替わります。

交感神経が機能することで尿道の弁が閉まり射精する準備が整うのです。しかし、交感神経が完全に機能しなければ弁が閉まりきっておらず逆流してしまうこともあります。


逆行性射精の症状

逆行性射精の症状は今まで説明してきた通り精子が膀胱に逆流してしまいます。

痛みなどはなく体に害が及ぶことはありません。膀胱に逆流した精子は尿と一緒に排出されます。


治療の必要性

体に害は無いので治療の緊急性はありませんが、男としての自信を取り戻したい男性や、これから妊娠を考えられている場合には治療を受けると良いでしょう。


治療方法

逆行性射精の治療をする前に「尿中精液検査」を行います。尿を取り、その中に精子が多量に含まれていれば逆行性射精と診断されます。

逆行性射精は「自然治癒」することはありませんのでお医者さんの力を借りる必要があります。

治療方法はもっぱら薬物治療です。

現在、逆行性射精に効果のある薬は、フェニレフリン、プソイドエフェドリン、ブロムフェニラミンなどのお薬となります。尿道の弁である膀胱頸部を閉じる効果が期待されています。

しかしこのお薬で逆行性射精を改善できる男性は4割程度となっています。

また、逆行性射精を治すお薬には血圧を情報させる副作用があります。

従って心臓に持病をお持ちの方や高血圧の方は注意が必要です。

逆行性射精は精子に問題は一切ありません。ただ逆流してしまうだけです。

妊娠を希望しているご夫婦の中には精子を取り出して人口で受精される方もいらっしゃいます。

必ず薬物治療をする必要もないのです。治療をお考えの男性は泌尿器科へ受診されてください。


 

精力剤ランキング