ED中折れ気味の中高年男性はモーニングセックスを!


モーニングセックス


まこと

EDや中折れで勃起が続かないで悩んでいる方、又妊娠を目指していて夫が射精まで至らないご夫婦に1つ良い情報があります。

それはモーニングセックスです。「え!?」と思われる方もいらっしゃいますが、実は朝は勃起、射精しやすいタイミングでもあるのです。

「夜は疲れてそのまま寝てしまうんです。」
「接待で飲んで帰ってきて頑張ろうとしても最後まで出来なかったりします・・」

というお悩みを持っている男性は是非朝起きた時に奥様と相談されて行うようにするといいでしょう。


どうしてモーニングセックスが精力を活かせるの?

ではどうして朝セックスをする方が精力が高いのでしょうか?これには2つ理由があります。

1、自律神経の「副交感神経」が優位に立っているから

まこと

男性が勃起する時にはただ素敵な女性の裸体を見れば良いという訳ではありません。

ちゃんと脳(勃起中枢)で性的な刺激を感じ取り、そこから脊椎を通り刺激を陰茎に伝えて勃起させます。

この一連の流れを実現するためには、自律神経である「副交感神経」が優位に立っていないといけません。つまり心身ともに「リラックス」している必要があるのです。

「交感神経」が優位に立っていると、つまり「緊張状態」ですから勃起しにくいのです。

一見、興奮して緊張状態だから勃起するというイメージを持つかもしれませんが実は真逆なのです。

朝起きた時には「副交感神経」が優位に立っているので、自然に勃起ができる準備が整っているのです。妊娠を目指されているご夫婦では夫がリラックスしている朝に行うケースも多々あるようです。

2、精力が回復しているから

モーニングセックスが良い理由の2つ目は精力が回復しているからです。お仕事が多忙であったり、人間関係などで精神面がまいっていると、自宅に帰ってもその疲れと悩みを持ち帰ってしまう場合があります。

そうした状況で夜セックスを行おうとしても行為中に仕事のことを思い出してしまったり、交感神経が優位に立っているために勃起自体が難しいということもあるのです。

その場合には、栄養のある食事をして、お風呂にゆったり浸かり早めに寝ます。

すると翌朝、体力とともに精力も回復しています。精神面もリラックスしている状況ですから、性欲を感じ勃起を実現することのできる最高の時間です。

又、寝る前に勃起ツボを押して就寝すればさらに朝は精力が回復しています。


平日は朝早くて忙しいかもしれません。その際には週末の朝に行うことをお勧めします。

「しかし、朝起きた時は口臭もあり妻が嫌がります」

という声も聞こえてきそうなので1つ提案です。笑

まこと

口臭が気になる場合には寝床のすぐ隣にお水と「ブレスケア」などの口臭を軽減するアイテムを置いておくといいでしょう。

それでも気になる場合には、リラックスした状態を保ちながら「リステリン」などでうがいをしたり、いっそ歯を磨いてから寝直してモーニングセックスに挑むようにしてください。

又、精力が低下してきた男性は勃起力トレーニングを生活の中に取り入れるといいでしょう。

参考にして頂けたら幸いです。