お酒で勃たない原因 | アルコールが海綿体に及ぼす影響

 

精力剤ランキング

 

お酒勃たない


まこと

どうもマコトです。突然ですが、お酒を飲んだあと勃たなかった経験はありますか?

普段も勃ちにくい男性の場合、お酒が入ると中折れどころか、全く勃起しないという事態に陥ることもあります。(お酒を飲んで勃たない現象を、「ウィスキー・ディック現象」と言います。)

でも、なぜお酒が入ると勃たないのでしょうか?この記事ではお酒で勃たない原因を医学的な視点から見ていきます!


・目次

1、アルコールで勃たない原因とは?
2、お酒を飲むとED治療薬が効きやすくなって本当?嘘!?
3、精力サプリメントを飲めばお酒の影響を受けなくなる噂について
4、お酒が男性ホルモン(テストステロン)の生成を減退させる理由
5、ED治療薬のシアリスはお酒の影響を受けない!?
6、飲酒で勃たない原因まとめ


1、アルコールで勃たない原因とは?

勃たない原因
 

アルコールによって勃起が阻害される理由は一言で説明すると「神経伝達が鈍くなるからです」

勃起をするのは、脳の興奮が陰茎に伝わるからなのですが、アルコールによって鈍くなった神経伝達では脳からの興奮がしっかりと陰茎に伝わらなくなってしまうのです。

ここで、勃起までのSTEPを見ていきましょう。

1、性的な刺激を受ける(五感で感じる)

2、脳の中枢(勃起)神経が興奮する。

3、中枢神経から興奮の電気信号が脊椎を通りペニス(陰茎)に伝わる。

4、陰茎の中にある陰茎海綿体(たくさんの毛細血管)に「一酸化窒素(NO)」が発生する。

5、「一酸化窒素(NO)」が「サイクリックGMP」という物質を増やす。

6、「サイクリックGMP」が筋肉を緩ませ血管を広げてくれる。

7、広がった血管に血液が流れ込み陰茎が膨らむ(勃起する)

 

この7つのステップで勃起をします。

そして、お酒を飲むことで勃たないのは、

「3、中枢神経から興奮の電気信号が脊椎を通り陰茎に伝わる。」

まこと

が正常に行われないためにスムーズな勃起ができなくなるのです。

お酒を飲みすぎることでこの一時的な勃起不全は誰にでも起こる現象です。なので、お酒で勃たないからといって、完全なED(勃起不全)と考える必要はありません。

 

「でも・・若い頃はお酒を飲んでもビンビンに勃起していたのに・・」

もちろん体(細胞)が若いことで、神経の伝達能力、血流、お酒の分解スピードも良好ですのでその時は対応できたかもしれません。
しかし年齢を重ねることでその全てが劣化してきますのでお酒で勃たない頻度が上がってきてしまいます。

「この日は絶対!!」という場合には、なるべく飲まないようにするか、飲んでも1〜2杯程度のビールに抑えておいたほうが無難でしょう。


2、お酒を飲むとED治療薬が効きやすくなって本当?嘘!?

お酒バイアグラ
 

「お酒を飲むとリラックスしてED治療薬が効きやすくなるんだ!」と謳っているサイトをたまに見かけますが気をつけてください。ウソです。

まこと

お酒は神経伝達を遅らせてリラックスさせる効果がありますから「緊張による心因性ED」に対しては、少量のお酒は勃起を促してくれます。

しかし、飲みすぎることで脳から陰茎に興奮が伝わらなくなりますので「やる気があっても」勃たなくなってしまいます。

お酒は体をリラックスさせて血圧を下げますが、同時にED治療薬も血管を広げ血圧を下げる効能がありますので、同時に摂取すると人によっては立ちくらみの「貧血」の症状があわられることもあります。

ED治療薬を使用する場合にはお酒をなるべく飲まないほうが無難でしょう。


3、精力サプリメントを飲めばお酒の影響を受けなくなる噂について

精力サプリ 酒
 

お酒を飲む前に、マカやクラチャイダム、亜鉛などの精力サプリメントを飲んでおけば、勃起力が高まり勃ちやすくなると考えている専門家もいますが、これは医学的証明はされていません。

「アルコールによる神経伝達抑制」VS「精力」
の戦いになりますが、サプリメントによって、精子の量が増えて、男性ホルモン(テストステロン)の発生量が増えれば、アルコールの悪影響を上回り酔っていても勃つという考えです。ネットでの口コミも多数存在します。

確かに、精力の強い20代前半の場合、お酒で勃たなくなるという男性は少ないです。

まこと笑顔

当サイトの見解としては、日頃の生活習慣を整えて、サプリメントで精力に関する栄養を十分に摂取しておくことで、お酒に勝てる精力を身につけることができるのはないかということです。

精力が弱ってくる30代以降の男性はサプリメントを試してみる価値があるでしょう。


4、お酒が男性ホルモン(テストステロン)の生成を減退させる理由

男性ホルモン減少
 

テストステロン(男性ホルモン)はお酒によって抑制されてしまいます。

テストステロンは男性が五感で性的な刺激を感じた時に放出されるもので、これが性的な興奮を陰茎に伝える信号になります。

精力に必要不可欠なテストステロンですが、なぜお酒で抑制されてしまうのでしょうか?

あそこでお酒を分解するって本当!?

アルコールを摂取すると肝臓に運ばれ分解されます。

しかし、アルコールを分解してくれる臓器は肝臓だけではありません。そうです。「精巣」にもアルコール分解酵素は存在しています。

肝臓に負担がかかるとそれを緩和するために、精巣にもアルコールは運ばれて分解されます。

精巣内でアルコールが分解されると「アセトアルデヒド」という物質が発生します。

まこと

このアセトアルデヒドですが、テストステロンの分泌を抑制する性質を持ってますので、結果的に、「飲みすぎることで勃起力が落ちてしまう」のです。

(※)「アセトアルデヒド」は二日酔いの原因と言われています。飲みすぎで二日酔いになるのは、肝臓だけでアルコールが分解できず、精巣でアルコール分解をするので、アセトアルデヒドが発生し、頭痛などの二日酔い症状が出てくるのです。


5、ED治療薬のシアリスはお酒の影響を受けない!?

シアリス 酒
 

ED治療薬の中でも「シアリス」のみ、飲酒前後の服用を許可されています。

シアリスが勃起力を上げてくれるメカニズムは簡単に説明すると、タダラフィルという成分が勃起を阻害する原因である酵素(PDF5)を排除し、スムーズな勃起を助けてくれるのです。

しかし、そもそもお酒を飲みすぎると神経伝達が鈍くなりますから、興奮が陰茎に伝わらず勃起以前の問題になってしまいます。

1〜2杯程度のお酒は問題ないでしょうが、飲みすぎると、シアリスでも勃たなくなりますので注意してください。


6、飲酒で勃たない原因まとめ

酒 勃たない まとめ
 

お酒によって勃たないメカニズムはお分かり頂けたでしょうか?

「緊張による心因性ED」のケースでは少量のお酒であれば緊張が程よく解け神経がリラックスし勃起しやすくなります。

しかし、飲み過ぎてしまうと、脳から陰茎に興奮の神経伝達が正常に行われなくなりますので勃たない原因になってしまうのです。

また、肝臓内でアルコール分解が追いつかなかったり、限界を超えると精巣内でもアルコール分解が始まります。

そうなると、精力の源であるテストステロン(男性ホルモン)を抑制するアセトアルデヒドが発生し、ED・中折れを発症します。

また、二日酔いにもなりやすくなりますのでお酒は「ゆっくり」「ほどほど」の意識で飲むようにすると精力に影響は出ないでしょう。

又、高価なED治療薬を購入して服用していても、お酒によって効果が台無しになってしまいます。

ED治療薬の中でもシアリスは比較的、お酒の影響は受けにくいと言われていますが、勃起の流れに必要不可欠な神経伝達が遅れるほど飲んでしまっては本末転倒になってしまいます。

お酒はうまく付き合えば、心身ともにリラックスさせ情熱的な夜を創造する助けになります。

ご自身のお酒の許容量を把握して飲むようにしてくださいね!


まこと

私も以前はお酒で数え切れないくらいの失敗をしてきました^^;

妻と今晩は早めに帰ってきて夜を営む約束をするのですが、週末となると上司に誘われたり、接待があったりでどうしても飲まないといけなくなってしまいます。

また、お酒が入ってくると気持ちが大きくなりますのでつい飲み過ぎてしまいます。

それから帰宅し妻と夜を営もうとしても、そもそもお酒くさいので、すでに妻が怒っているのです。当たり前ですね(笑)

案の定雰囲気を作ってチャレンジしても思うようにできずに中折れしお互い背を向けて寝る一夜となるのです。

お酒に弱い男性陣はお酒とうまく付き合う工夫が必要ですね^^


【関連記事】

勃起のツボ21選!ここを押さずして勃起力は上がらない!?


 

精力剤ランキング