性欲がない!と嘆く原因になっている5つの項目とは?

 

精力剤ランキング

 

性欲がない


まこと

彼女や奥さんとのセックスは嫌いではなく、どちらかと言うと好きと思っているのに、性欲がわかない・・パートナーに振られるのは嫌だ。。

40代、50代の男性だけではなく、最近では20代の男性も性欲がない!と悩んでいるケースが多いですね。

遺伝の問題かな・・?体力が無いのかな?と元々の体のポテンシャルのせいにしていませんか?性欲は人間の3大欲求で非常に強力なものです。

性欲が減退してしまう原因は本当に様々です。

この記事では、あなたの性欲が減退してしまった原因を突き止めるべく、性欲減退の原因を調査して記録しました。是非参考になさってください。


・目次

1、性欲がない5つの原因
2、男性ホルモン(テストステロン)の減少
3、生活習慣の乱れ・ストレス
4、性交渉に対する苦手意識・トラウマ
5、マンネリ化
6、自慰行為のし過ぎ
7、まとめ


1、性欲がない5つの原因

性欲がない原因として大きく以下の要因が考えられます。ご自身の性欲減退の原因を以下の項目から特定してくださいね。

1、男性ホルモン(テストステロン)の減少
2、生活習慣の乱れ・ストレス
3、性交渉に対する苦手意識・トラウマ
4、マンネリ化
5、自慰行為のし過ぎ

大まかにこの5つに代別されます。これらの原因がどうして性欲を減退させてしまうのか1つ1つ見ていきましょう。


2、男性ホルモン(テストステロン)の減少

年齢を重ねると男性ホルモンであるテストステロンが減少してきます。すると精子を生成する力が劣ってきたり、性欲が弱くなってくるのです。

男性ホルモンのピークは10〜20代中間までがピークとなり、それ以降は減少していきます。つまり、生物学的には20代中間までが性欲の全盛期なのです。

男性ホルモンが多いと、骨格・内臓などを男らしく形成し、皮脂の分泌も増えますので、ニキビなどが出来やすくなります。

男性ホルモンを自身の体で生成・分泌が十分に出来なくなると、何か他の力を使って男性ホルモンを増やす必要があります。方法は基本的に2通りです。

1、男性ホルモンを直接取り入れる
2、男性ホルモンを促す栄養を摂取する

1の男性ホルモンを直接取り入れる食材としては、「鶏卵」「キャベツ」「ブロッコリー」などがあります。

2の男性ホルモンを促す食材は、「玉ねぎ」「アスパラ」「アボガド」「山芋」「牡蠣」「鶏肉」「にんにく」「うなぎ」などです。以外とスーパーに売られている食品がほとんどですね。

又、男性ホルモンを増やす方法としては、素敵な女性とお付合いしたり、筋力トレーニングをすることで可能となります。男性らしい習慣をつけると自然と男性ホルモンは増加していくんですね。

さらに、テストステロンの生成を直接促してくれる成分としては「シトルリン」「アルギニン」「トンカットアリ」「クラチャイダム」などの成分です。

毎日、男性ホルモンを増やす食生活をキープすることは難しいと思いますので、精力サプリメントで補うなどして、男性らしさと健康を維持されると良いですね。


3、生活習慣の乱れ・ストレス

仕事が多忙で疲れていたり、人間関係で疲れていて精神的に参っていると精力はわきませんよね。

そんな時にパートナーにセックスを求められてもやる気は出ないでしょう。

また、栄養不足も精力を減退させる大きな原因です。

栄養不足は脳や内臓の機能を低下させて、体調を崩してしまいます。

疲労蓄積・ストレス過多になっている時には、精力回復以前にまずは「休養」を最優先にしましょう。

体の疲れを取り、心身ともにリラックスする環境に身を置くことが大切ですよ。

例えば、寝室でアロマディフーザーを使っていい香りにしてみたり、スパに行って温泉につかりマッサージを受ける。

軽いジョギングやスポーツも心身をリラックスさせる効果があります。あなたに合った体と心の疲れを取る方法を作るといいですね。

又、栄養不足は精力だけではなく、健康な体調維持にも悪影響を与えます。

5大栄養素をご存知でしょうか?「炭水化物」「脂質」「タンパク質」「ビタミン」「ミネラル」ですよね。現在では何を食べても「炭水化物」と「脂質」は摂取できます。したがって、「意識的」に「タンパク質」「ビタミン」「ミネラル」を摂取する必要があります。

つまり、野菜やフルーツでビタミン、ミネラルを豊富に摂取して、タンパク質は、ササミ肉や大豆で摂取しましょう。

精力を向上させるためには、精子を生成する豊富なビタミン、ミネラルが必要ですし、勃起を促す「神経伝達」が正常に行われる必要があります。

そのためには健康的な食生活が必須なんですね。

健康管理と聞くと面倒なイメージがありますが、健康寿命を延ばすためにも、食生活を改善してくださいね。


4、性交渉に対する苦手意識・トラウマ

初体験の頃を思い出してみてください。期待とともに緊張や不安があったのではないでしょうか?

実際に女性の裸を見ると意外と興奮せずに、緊張で勃起ができなかったり、ぎこちない営みになってしまうもは仕方のないことです。

しかし、まだ性交渉に慣れていない時に、相手の女性から「まさか、童貞?」「もうイッたの?早いね」「下手だね」なんて言われたら自信を失ってしまいます。

その経験がトラウマになって性欲がなくなってしまうことがあります。綺麗で素敵な彼女でも過去のショックが忘れらないために興奮に至らないのです。

こういった精神的な原因で性欲がないのを「心因性ED」と言います。体調的には十分な勃起ができるのに、緊張や恐怖、恥ずかしさで勃起中枢が作動しないのです。

改善するのは、体調面でEDになってしまう器質性EDよりも困難になります。

改善策の例としては

1、とにかく経験を積んで慣れること
2、精神科のカウンセリング
3、セックスのテクニックを学ぶ
4、自信のペニスに自信をつける

です。

しかしながら、カウンセリングに行くのは恥ずかしいですし、ハードルが高すぎると思います。なので、とにかく経験を積むことが重要です。

過去のトラウマを気にしない努力が必要です。「過去は存在していません」存在しているのは「今、この瞬間だけ」なのです。

だから、目の前にいる大切なパートナーを大切にする気持ちと、一緒に楽しむことに集中しましょう。

また、自信に肉付けするためにも本や雑誌、ネットでセックスの技術を磨きましょう。

技術を磨けば、相手に嬉しがられて、褒められる経験ができますし、相手との関係も良好に保つことができるでしょう。

さらに、自分のペニスが小さい・・持続力がない・・と意識していて、自信がないのであれば、精力サプリメントを試してみましょう。

精力サプリメントは、バイアグラなどの精力サプリメントとは異なり、体への負担(副作用)は一切なく、体調を改善しながら、持続力、増大を可能にしてくれます。

精力レスキューでは、人気の精力サプリメントの調査記事を公開しています。夜の自分に圧倒的に自信をつけるなら、是非チェックしてくださいね。


5、マンネリ化

性欲がないという男性の中には、パートナーとのセックスに飽きてしまった、という方もいます。

相手の女性に失礼ではないか?と罪悪感を感じてしまう男性もいます。しかし、毎日同じものを食べたりしていれば飽きるのと同じで、長年一緒に連れ添ってきた相手とのセックスには興奮は薄れていきます。それは愛が深まった証です。

しかし、男女の夜の関係には「刺激」が欲しくなるものです。そのためには、「非日常の空間」をつくるなど様々な工夫が必要です。

例えば、セックスする間隔を空けることも1つの手です。日常的に習慣のようにセックスするとなると、作業・義務という意識でセックスするようになります。なので、1、2週間はセックスを封印しましょう。

また、旅行に行ったり、ラブホテルに行ったり、空間を変えることで刺激になり、マンネリを解消できるカップルが多いですよ。

老化や体調面で勃たない場合には、思い切って精力サプリメントを飲みましょう。驚くほど、精力を高める力になってくれますので。


6、自慰行為のし過ぎ

自慰行為のし過ぎは精力を落とす原因になります。自慰行為は自分のペースで思うように行えるので女性との性交渉よりも好きという男性もいるくらいです。

自慰行為ばかりしていると、それだけで満足してしまい、いざパートナーとベッドに入った時に興奮しない原因となります。また、睾丸が精子で満たされていないと性欲はわきにくいです。

男性の性欲のメカニズムとしては、五感で性的な刺激を感じて勃起中枢が刺激されペニスが勃つという流れです。

それともう1つは、睾丸の精子が満タンになることで男性は「発散欲」がでてきます。これがもう1つの性欲を湧き起こす源です。

しかし頻繁に自慰行為をしていれば、睾丸の中の精子は空っぽです。

性欲がないという方でオナニーを頻繁に行っているなら辛いですが、やめましょう。

睾丸を満タンにして射精をすることで快感も増しますし、パートナーとの関係もより良くなるでしょう。


7、まとめ

いかがでしたでしょうか?性欲がない原因と言ってもちょっとした努力で解決出来るものばかりでシアね。

トラウマなどの心因性EDの場合には、カウンセリングなどの治療が必要になりますが、ほとんどの場合には、経験の積み重ねとパートナーの理解で解消できます。

自慰行為のし過ぎや悪い生活習慣は改善して、体調面から性欲がない問題を改善していきましょう。


まこと

自慰行為を止めると言っても、習慣になっている場合や、ストレス解消や眠れなくて行っている男性もいらっしゃいますよね。

なので、すぐにやめるのは結構辛いことだったりします。習慣になっている場合には、それを「ご褒美」にしてみてはどうでしょうか?

平日はオナニーををしないで我慢する。そして、週末は、ご褒美に1回だけ行うなどして、回数を減らしましょう。

また、ストレス解消や寝つきのために行っている場合には、オナニー以外の方法を考えましょう。

寝つきが悪い場合には、ストレッチをしてみたり、難しい本を読んだり、アロマを焚いたり、探せばたくさん方法が見つかりますよね。

また、ストレス解消には、ジョギングがお金もかからず効率的ですよ。

最後まで読んでくださりありがとうございました^^


【関連記事】

【グライバル効果なしの真相】えっ!?口コミって嘘やん!!


 

精力剤ランキング