高齢化による精力減退からの復活(私からのアドバイス)

 

精力剤ランキング

 

精力減退復活


高齢化による心身の老化は精力減退も招きます

中高年になると、心身の劣えは顕著になって来ます。

その一方、会社などでの仕事の責任は重くなり、ストレスも溜まりがちとなり、へとへとで帰宅して夜の営みと言った気分には中々なれるものではありません。

それでも、頑張ってたまに夜の営みを行えば、持続性も弱くなり、パートナーを満足させる事が徐々にできなくなっている事に気付いたりします。


マンネリを打破するためにセックス旅行

こうした中高年の日頃の疲れを癒すために、パートナーと一緒にゆっくりと1泊2日の小旅行を楽しむのもお勧めです。

観光スポットを巡るのも良いですが、観光は欲張らず、早や目にホテルに入ってゆったりとした気分で美味しいものを頂き、家族風呂をパートナーと一緒に楽しむのも良いでしょう。

旅先のホテルと言う非日常の場で、パートナーの裸身を見れば、若い頃の事が思い起こされ、結構興奮するものです。

非日常の中で若い頃のセックスを思い起こしムードを盛り上げてマンネリを打破するセックス旅行を時々楽しめば、日頃の疲れの解消と共に、刺激を得て、自分にもまだこんな元気があったのだと、自信を取り戻せる効果も期待できます。

もちろん、パートナーは普段とは違ったセクシーすぎる下着で、男性を誘い興奮させる努力をすれば、なお効果的でしょう。


それでも忍び寄るED傾向

中年の頃は、こうした日常のストレスを忘れる癒しと、非日常的な刺激を時々持つ事で、結構弱くなった夜に元気を回復する効果ができます。

しかし還暦前後になり、こうした刺激を得ても、興奮はするものの、身体が付いてこないと言う時期が忍び寄ります。そして、ある夜、とうとう中折れを経験するに至ってしまいます。

若い頃、いかに絶倫を自負していたような男性にも、訪れる年齢は違っても、必ずいつかはやって来るものです。

中年時に弱くなっている要因としては、頭は仕事の事を常に考える傾向があり、マンネリ化したパートナー相手では刺激を感じにくくなっている事が挙げられます。

また性的興奮を感じたとしても、その興奮を脳から局部に伝達する神経が、ストレスにより阻害され、弱くなっている事が多いのです。

従って、前項のセックス旅行などで、仕事からの完全な解放と、ストレスの軽減を図り、刺激を得れば回復するのです。

しかし、さらに高齢化すれば、ストレス要因ではなく、老化によって勃起メカニズムに関連する各部位が弱くなり、中折れなどのED傾向を生じてしまうのです。

これは、老化現象の1つの表れで、いつかは誰にでも訪れるものなのです。


精力サプリで老化現象を軽減する事で復活が期待されます

精力剤や精力サプリは昔から滋養強壮に愛用されて来た自然由来の栄養価の高い成分をサプリとしたものです。

これは、ED治療薬の様に対処療法的に強制的に勃起を促すのではなく、若返りを図り、日常生活に覇気や精気を取りも出せるようにし、結果として元気を取り戻せる効果が得られるものです。

中折れなどでショックを受けて、もう歳だからと諦める事無く、精力サプリを服用し、精力減退からの復活に積極的に挑戦すべきでしょう。


 

精力剤ランキング