【朝食うなぎ!?】妊娠のプレッシャーで挿入直前に中折れ

 

精力剤ランキング

 

体験談31


私の精力をあげようとする妻

ある快晴の月曜日の朝でした。私は珍しく朝早く起きて出勤前の新聞を楽しんで読んでいたのでした。

いつもの朝食はいたって普通です。インスタントのコーヒーとパンと卵焼きソーセージ、サラダといった絵に描いたような安心の朝食。しかし、今日の朝は違いました。

私は、目を疑いました。妻がキッチンから何故か重箱を出してきたのです。

「な、ななななんだ!?」と心の中で驚きながらその重箱を凝視します。

すると妻は私の前に重箱を置いて一言。

「あなた!今日はチャンスの日よ!!」

と気合の一言。

そうです。今日の夜はビンビンでお願いしますの意味です。


妊活EDに拍車をかける出来事ばかり・・

妻と私は同い年で少し遅い31歳で結婚をしました。

男性としては丁度良い年齢かなと思いますが、女性としては、そろそろ出産しないと流産のリスクが高まる時期です。

なので妻も私も張り切ってはいるのです。

しかし私としては、結婚して3年目。

親族や会社の先輩、上司からも子供を期待されていました。そこまで周りからまだかまだかと言われるとプレッシャーにしかなりませんでした。

子供は好きですし、授かりたいです。

しかし、世間的な目を感じるとやる気がなくなってしまうのです。

もっと、こじんまりと妻と静かに愛し合って、自然にできたら・・とわがままを感じながら、目の前にあるうな重を食べるのでした。

なんとか朝からうな重を食べ終え、胃もたれするのを我慢し会社に出勤。

そして難はまだ残っていました。会社に早めに着いた早々に上司が食堂でテレビを見ながらタバコを吸っていました。

いつものように挨拶。上司は開口一番こう言いました。「お!奥さんとはどうなの〜?子供が楽しみだなっ!わっはっは!!」

なぜ朝からここまで子供はまだか攻撃を受けなければいけないのでしょうか。

愛する妻と子供を授かりたい・・という温かい思いよりも、早く「子供はまだか攻撃」から逃れたいがために子供が欲しくなっている自分がいて少し切なくなりました。

いつものように会社が定時に終わり、帰宅しました。もちろん妻の愛妻弁当はしっかり食べたので心配ありません。

自宅に到着し、玄関を開けたのです。すると、そこに見知らぬ女性がいたのです。


妻のこの一言で一気に萎えてしまうんです。

失礼しました。見知らぬ女性ではなく、妻でした。

しかし、いつもと様子が違います。

ピンクのレースの下着に、しっかりとしたお化粧ときちんとセットされた髪型、、妻ですが、まるで別人のようでした。

少しびっくりしましたが、この振る舞いには興奮しました。

そして、本番の夜です。

朝食べたうなぎパワーを発揮する時です。

綺麗に洗われたベッドシーツの上で私は妻と愛し合いました。

いつもより妻は興奮しているようでした。シーツはびしょびしょです。

そして、挿入する時です。妻は、「今日は妊娠できそうだね・・!」とプレッシャーの一言。。

何故このタイミングで言うのでしょうか。

この一言で野生の本能で妻を貪る欲求から、プレッシャー感が勝ってしまったのです。

勃起不全は心の問題でもあるとは聞いたことがありますが、気持ちが萎えることでムスコも一気に萎えてしまったのです。

私の過敏な神経もいけないと思いますが、子供ができるかのプレッシャーは本当に勃起殺しではないでしょうか。

未だに妊娠はできていない状態です。いっそバイアグラを使ってでも、勃起させようかと悩み中です。

生々しい体験談を失礼しました。

この体験談を書いていて、気持ちが少しすっきりしたような気がします。

精力レスキューさん、このような機会を頂きありがとうございます。


【 この記事を読んだ人が次に読んだ記事 】

安心の製薬会社の精力剤!食生活を変えることなく勃起力も持続力もアップ!ビガリスブースターの口コミ記事を要チェック!これを飲まずして精力剤は語れない・・!!!


 

精力剤ランキング