なぜ「泌尿器科」に美人受付&美人女医なのか?

 

精力剤ランキング

 

体験談32

年齢を積むごとに精力が低下していく結末・・

今年42になる中年オヤジです。

最近よく妻とのセックスで中折れするんです。

最初から勃たないED(勃起不全)も時々あります。

妻との結婚は23歳の時で同じ高校で知り合いました。

高校生の時はあまり仲良くもなく付き合っているわけではありませんでしたが、20歳の同窓会で恋に落ち3年後には結婚というよくある流れでの結婚ですね。

付き合っていた当初、20代は燃えるような性欲があり、1日何回も体を重ね合わせていたことを覚えています。

しかし、

30代半ばにさしかかった時から急に体力の低下とともに勃起力が一気に落ちていったんです。

妻は、

「昔あんなに性欲あったのにやっぱり歳をとると性欲なくなるのね。」

と、私にプレッシャーを与えてきます。

妻は、40代でも性欲は強いので、最近は夜を断ることもあります。

しかしある夜、少しお酒も入っていていいムードになっていたので、セックスをしました。

スタートも快調でフル勃起していたと思います。

挿入もでき、

いつものようにフィニッシュに向けて一生懸命です。

しかし、悲劇は訪れます。

疲れもあったのか、ピストン途中で萎えてしまったのです。

中折れってやつです。

妻もあと少しだったのに・・とショックを受けています。

そんな夜が何回も続くことで妻は「泌尿器科」行って来なよ。

と言うのです。

そこまで急に萎えるなんて何かの病気かもしれないなんて、脅してくるものですから、私も素直に従うわけです。

泌尿器科に美女ばっか?笑

そして週末の午前中に最寄りの泌尿器科に行ってみたのです。

すると、若い女性が受付をしているんです。

あれはなぜでしょう?

男性陣に辱めを受けさせたいのでしょうか?(笑)

私は、初診でしたので症状を登録用紙に書こうとしたのですが、恥ずかしくて「発熱、喉の痛み」と書きました。

診察するお医者さんは男性だろうから、診察してもらう時に正直に言おうと思ったのです。

しかし、人生はうまくいかないものです。

「〜〜さ〜ん、どうぞー!」とドアの向こう側から女性の声が聞こえてくるのです。

「な、なんと・・・」

今、思えば、泌尿器科にきて風邪って言うのも変な話でした。

頭はパニックです。

EDと打ち明けられず妻の雷が・・!

診察室にはいると、案の定、素敵な女医が座っていたのです。

もう後に戻れません。

このまま

「や、やっぱりEDです!!!」

と、言わないといけないのか・・。

と思っていると、

「風邪ですか・・喉を見せてください。」

と、順調に診察は進みました。

泌尿器科でも内科も対応しているようでした。

結局私は、EDを改善したいこと言えずに、

全くひいていない風邪の薬と胃薬を処方してもらい帰宅したのでした。

もちろん、妻のイカズチが落ちたことは言うまでもありません。

ネットで調べてみると、泌尿器科などでは様々な病気に対応しているので女医の可能性も多いわけで、ED専門外来に行くと良いとのことでした。

まあ、男性に「い、EDです!」と打ち明けるのも普通に恥ずかしいものですが。。


恥ずかしい思いをせず、こっそり通販でED治療薬を購入できます。

あんしん通販薬局を今すぐチェック!
↓ ↓ ↓

バイアグラ|あんしん通販薬局


【 この記事を読んだ人が次に読んだ記事 】

一人でこっそり精力アップ!製薬会社の精力剤「ビガリスブースター」の口コミ記事へ


 

精力剤ランキング