クラブの女性とラブホに行ったけど混合型EDで無念の結末

 

精力剤ランキング

 

体験談34


成績アップで有頂天!

あの日は私が営業で良い成績を出したので、上司に飲みに連れて行ってもらったのです。入社7年目にして部署トップの成績だったので、会社から賞ももらい有頂天になっていました。

仕事は、18時すぎには終えて、上司と一緒に夜の街に繰り出したのです。美味しい魚ををつまみに日本酒を一人で5号以上は飲んだと記憶しています。

私はあまりお酒が強い方ではなかったので、日本酒を2号飲みきった辺りから顔が真っ赤になっていました。

飲み会の場では最初は上司が私の今までの仕事への姿勢や実績を褒めてくれました。しかし酔っ払ってくると案の定、会社への愚痴やお説教へと突入したのです。

結構酔っていたので、逆にそのお説教が酔い覚ましになって返ってよかったのではないかと思いました(笑)


悪の道へいざなう上司

気持ちよくなった上司は私にこう言います。

「お前をちょっといい店に連れて行ってやる!女も紹介してやるよ!」

と言うのです。

しかし、私も上司も妻子持ちです。大丈夫なのか?と思いましたが、上司は頻繁にクラブに通っているそうです。

私も妻に今日は上司からお祝い&接待があるから朝まで帰れないとお許しは受けていました。

そして、新橋銀座に到着しました。お店に到着するなり素敵なドレスを着た美女たちがお出迎え、こんな高級なお店は初めてだったので気持ちは高まりました。

隣にははっきり言ってすごくタイプな女性が座ってくれました。

興奮は最高潮です。高級なお店だけあって、接客も丁寧で、お話もどんどん進みました。

何回、上司と女の子、ボーイさん?からコールがかかったか分かりません。その度にビールやシャンパンを一気飲みして泥酔いっぽ手前になってしまったのです。

そこから記憶が飛びました。


疲れと罪悪感で混合型EDに・・

気づいたら、そこはラブホテル。

隣には誰もいませんでした。

「あ〜完全にやらかした・・」

と思ったその瞬間、お風呂からさっきの美女がバスタオルを体に巻いて出てきたのです。

衝撃でした。妻への罪悪感と、正直興奮もありました。

その美女は、「上司さんが二人で楽しんできなってお小遣いくれたよ!」といつの間にか記憶はありませんが、私はこの女性と二人でラブホテルに向かったそうです。

正直、妻への罪悪感よりも、この女性とセックスがしたい!!という気持ちが強かったです。

その美女は、私に近づいてきて、「して?」と言いよってくるのです。

もう、我慢の限界でした。

私は、猛獣のようにその女性の体を貪ったのです。

そして、挿入のタイミングです。

・・・

しかしその時。

突然、妻の悲しむ顔が浮かんだのです。

私は、やっぱり妻を裏切ることができませんでした。

急に息子は萎えて、
中折れしたのです。

これには女性もびっくり。

怒って、泊まらずに帰ってしまったのです。

この中折れ伝説は今でも会社で笑い話としていい継がれています。

妻への罪悪感による、心因性ED、
お酒の飲み過ぎ、疲れによる器質性ED、

どちらも原因があって勃起不全となってしまいました。

まだ性欲は有り余っているわけなので、これを妻に向けてあげたいと思います。(反省)


 

精力剤ランキング