【体験談】血液ドロドロが勃起不全を引き起こしました・・

 

精力剤ランキング

 

体験談36


30代に突入して急激に進行した勃起不全

勃起不全が気になり始めたのは30代を過ぎてからで、性欲はあるけどペニスが反応しにくいと感じるようになったのです。

若いころは性欲に連動するように勃起していましたが、30代に突入してからは半立ちのまま止まってしまう感覚です。

朝立ちの元気もなくなってきたので、本格的な精力減退を感じ始めました。

ネットで情報収集をしたところ、動脈硬化が原因で勃起不全になることは多いという情報を得ました。

30代になってから勃起不全だけでなく、健康診断で肥満や脂質異常症なども指摘されるようになっていたのです。


血液ドロドロが精力を奪う!

このままではダメだと思って、健康数値を改善することからはじめてみたのです。

毎日野菜をたくさん食べるようにして、あとは運動をして代謝促進をしていきました。

その結果、体脂肪がみるみる燃焼するようになって、血中脂質も減少して健康診断で「良」と判断されたのです。

それから精力も増強してきて、性欲に連動して勃起するようになりました。

動脈硬化は勃起不全の一番の原因になると言われますが、それを身をもって実感したのです。

全身の血流がよくなると、性欲を感じたときにダイレクトにペニスに血流が流れていくのがわかります。

陰茎海綿体の膨張率が上がるので、サイズも大きくなりました。平常時のサイズを大きくするには手術するしかないそうですが、勃起時のサイズは精力を増強すれば実現します。

今では性欲を感じるとフル勃起状態になるので、勃起時のサイズも1~2cmくらい大きくなりました。

僅かな差と思う方もいるでしょうが、1~2cmも大きくなれば一回り以上は見た目の大きさが変わってくるのです。


体調改善が勃起不全を解消する近道

今は動脈硬化対策として肥満予防を徹底しており、適正体重を維持するようにしています。

肥満になると勃起力が減退すると言われますが、これは本当のことなのです。

肥満の状態というのは体脂肪もたくさん蓄えていますから、血液はドロドロになっています。

この状態だと性的興奮を感じても、陰茎海綿体に十分な血液が流れてくれません。

今は血流もサラサラになったようで、勃起不全に悩まされることはなくなりました。

今まで下半身の減退はペニス自体に原因があると考えていたのですが、どうやら血行不良に問題があったようです。

動脈硬化を予防することは血液サラサラの基本ですから、脂質異常症の方はここから改善していくべきでしょう。

精力が増強してからは身体の冷えも解消して、寝つき・寝起きも解消したように感じます。


 

精力剤ランキング