妊活EDを克服して妊娠に成功した体験談

 

精力剤ランキング

 

体験談41


夫が妊活EDを発症?

私たちが結婚したのは、33歳同士だったのですが、3年たっても子供ができず、私も高齢期出産の年齢に入ってしまう事で焦ってしまっていました。

避妊はしたこともなく、最初のうちはそのうち子供ができるだろうという感覚だったのですが、3年たってもできないとなると、こちらも焦って、基礎体温を付けて、排卵日を予想してということからはじめていきました。

そういう感じになっていくと、排卵日を意識した生活、そしてその日に性交渉をしないといけないというプレッシャーが出てくるようになりました。

多分それは、私だけではなく夫の方も、私の焦りがつたわっていたかもしれないですし、疲れていても、性交渉をしないといけないという感じもあったかもしれません。


専門院でバイアグラを処方されました。

そうこうしているうちに、子供が出来る前に、夫がEDになってしまったのです。私もなんだか自信をなくしてしまいましたし、勃たなければ妊娠にも至らないわけで、性交渉しているのにもかかわらず妊娠しないということプラス、EDで問題外となってしまっていて、かなり困りました。

それまでは、病院に行ったこともなかったのですが、二人で妊活を専門的に行っている病院にいきました。

まずは、色々な検査をしたわけですが、その前に夫のEDの対策も考えなければならず、バイアグラを処方してもらうことになりました。


夫のEDを克服し妊娠に成功!

その薬を飲むと、勃起はできるようになり、問題が解決しました。

多分精神的なところも大きく負担になっていて、お互いプレッシャーもあったことで、焦りがあったのかもしれません。検査結果に特に異状がなかったので、薬を飲んで性交渉をするということで、排卵日に合わせておこなったところ、なんとすぐにできたのです。

どうやら、排卵日を予測する前までは、そのタイミングが全然ちがっていただけということだったのかもしれません。

EDの問題が解決して、医師に相談して正確な排卵日を知って性交渉したことで、妊娠ができたようです。

妊活というのは、やはりきちんとした知識が必要だと身を持って思いました。

もちろん、きちんと調べてしていたつもりだったのですが、専門医に相談をすることで、正確な情報を教えてもらうことができますし、安心して進めていくこともできます。

また、今回夫がEDになってしまったというのは、私の責任でもありますので、反省しています。

やはり、妊活妊活と焦ってしまうところもあるかもしれませんが、どーんと構えていた方が良いのかもしれません。


【人気記事】

精子力が無さすぎて妊娠させることができなかった39歳男性・・子宝に恵まれたたった1つの理由、、それは一体・・!?


 

精力剤ランキング