インポテンツが原因で結婚を考えた彼女に振られました・・

 

精力剤ランキング

 

体験談42


30代後半でインポテンツを思い知ることに・・

20代前半までは人並みの男性以上に元気だったはずだったのですが、20代後半からだんだんと下半身の力が弱まってきているのを感じて、そのときは仕事で重要なポジションを任され始めた頃だったので忙しいからだと特に気にしておらず、むしろ仕事のために体力を温存できるからちょうどいいやくらいに思っていました。

当時付き合っていた彼女とも仕事の忙しさが原因で会っても夜の営みに気が進まなくなって別れてしまっていたので、しばらく下半身の元気のなさのことなんて忘れて過ごしていました。

ところが仕事の忙しさも落ち着いていた30代後半に差し掛かってきた頃に結婚を意識する女性とお付き合いをはじめ、久しぶりに体の関係を持とうとしたところ、どうしても下半身が元気になってくれず、そのとき初めて自分がインポテンツになってしまったことを知りました。


最愛の彼女に振られる結果に

彼女もとても戸惑っていて、その場は仕事で疲れていたのにお酒も飲んでしまったからと言い訳をしたのですが、このままではいけないとインポテンツに効くというドリンクやサプリメントを試したりもして挿入まではいけても中折れしたり、最後までいけなかったりして、とうとう彼女から「私がいけないんでしょ、別れよう」と言われてしまいました。

本気で結婚を考えていたのでとてもショックを受けたのですが、このままでは彼女を傷つけ続けてしまうと思い身を引くことにしました。

それからは、なんとかインポテンツを治したいと手段を選ばず風俗などに行ってみたり、出会い系で遊びなれた女性と会ってみたりしました。

しかしやっぱり下半身の元気は取り戻すことができず、もうこのまま結婚することも子どもを作ることもできないまま人生を終えるのだと絶望していました。


インポテンツを改善したのはカウンセリングだった

思い切って昔からの友人にインポテンツの悩みを相談してみるとすぐに病院に行けと言われて、正直病院なんか行っても以前飲んでいたサプリと同じような薬を出されるだけだろうと思っていたのですが、友人が紹介してくれた病院は薬を出すだけでなく、カウンセリングをしっかりと行ってくれて精神的なインポテンツの原因まで治療してくれ、不思議と病院に通い始めてからは自然に下半身の元気が戻ってきました。

自分ではずっと仕事のストレスや疲れを放置していたので下半身の力が弱まったのだと思い込んでいたのですが実際には精神的な原因だったようで、やはり病院に行ってみてよかったです。

今では別れた彼女と結婚して子どももでき、下半身もあいかわらず元気で妻を満足させることができてとても幸せです。



【人気記事】

未来永劫インポテンツかと諦めていた男たちがマカDXによって救われた話


 

精力剤ランキング