中折れ夫を改善に導いた2つの施策をお話しします。

 

精力剤ランキング

 

体験談43

夫にばれないように中折れ解消法を模索

私は25歳の時に結婚しましたが、それから17年後に夫が行為中に中折れするようになりました。

結婚後17年間も定期的に性行為があったので、仲の良い夫婦だと自負していました。

しかし中折れするようになってからは、夫は私に対する愛情が冷めたのではないかなど不安を感じていました。

あまり上手く行かなかった夜でも翌朝には、何もなかったように会話をしました。

子どもには夫婦の生々しい関係を教えるわけにはいかず、友人にも恥ずかしくて相談できませんでした。

夫に直接何とかするように要求することもできなくて、インターネットで対処法を調べるしかありませんでした。

検索上位にはEDを治療する病院や効果的なサプリメントの情報が載っていましたが、

夫に対策していることがバレるので不適切でした。

パソコンの画面をスクロールすると、日常生活でも実践できることがあると知ったので少しずつ始めることを決意しました。

精力のつく手料理を作ることに

まず最初に行ったのは、精力がつく食事を作ることです。

夫は天ぷらやトンカツなどの油っぽいおかずが好きですが、血液をドロドロさせる原因となるので作る回数を減らしました。

代わりに納豆や海藻をたくさん入れた料理を多く作るようになりました。

パックに入った納豆をそのまま出すと質素な感じが出るので、パスタやオムレツなどの具材にしました。

時には納豆と揚げ物を組み合わせて夫の嗜好にも合わせました。

食事ですぐに改善できるとは考えていなくて、中折れ防止がダメでも血流が良くなって家族が健康でいられたら良いという姿勢でした。

子どもは食べ盛りでしたが、文句を言われることもなく着実に食事によるアプローチは進みました。

夫はかつてのような性行為ができなくなったことで、私に性行為を求める回数が減りました。

性欲をアピールすることも大事

そこで次に私は自分の方から積極的に性欲をアピールすることに決めました。

子どもがいない時におねだりをして、中折れのことを気にしていないような素振りを見せました。

イランイランというアロマの香りが男性ホルモンを増加させて男性をその気にさせるとインターネット記事にあったので、イランイランの香水を軽くつけました。

私はあまり好きな香りではないと思いましたが、夫は「何かいい匂いがする」と言っていたのでいくらか効果はありました。

最初の試みで完璧に成功することはありませんでしたが、夫に隠れてこれらの努力を半年間続けたところ中折れをしないで最後まで性交渉をすることができました。

料理に工夫を入れたり、おねだりすることで解消できたので、ED夫を持つ奥様はぜひ試してみてください。

こっそり、夫の味噌汁に>VITOX<を混入することでも、精力はアップし、硬さが強くなりました(笑)

これは内緒で、墓場まで持っていくつもりです(笑)


 

精力剤ランキング