精力のない僕に彼女がこっそりしてくれたこと。

 

精力剤ランキング

 

体験談45


精力がないので振られました。

もともと精力があるほうではなかったのですが、自分では性欲は人並みにはあると思っていました。

でも、付き合う女性、付き合う女性みんなに何でそんなに求めてきてくれないの?と責められていました。もしかして自分は精力が弱いのではないかと自覚し始めました。

それからは、彼女と会う予定があるときはできるだけ長い期間禁欲したり、事前に精力増強ドリンクを飲んだりしていたのですが、あまり効果がなく、ED用のサプリメントも試してみると体質に合わなかったようで体調を崩したりと散々な結果に終わってしまっていました。


風俗で憂さ晴らし

その頃はすっかり自分の男性としてのプライドはボロボロになってしまっていて、彼女が何とかして僕の下半身を元気にしてくれようと積極的に夜の営みで行動してくれてもまったくダメで、余計にみじめな気持ちになっていき、彼女に冷たい態度をとるようになって別れることになってしまいました。

それからは、自暴自棄になりソープや風俗、デリヘルなどで様々な女性と体を重ね、憂さ晴らしをしようとしても、そのお店の女の子にも苦笑いされるほどに元気のなさに拍車がかかっていて結局そんな生活も1年くらいで止めて、もう何をしても元気にならないのだと諦めて、まったく女っ気のない生活をしていました。


彼女がこっそりしてくれたこと。

そんなある日、同僚の女性と一緒に仕事をすることが増え、自然と仲良くなり相手から誘われて食事に行ったりして、好意を感じて自分としても悪い気はしなかったのですが、付き合うことになってもまたきっと同じことでダメになってしまうと思って自分からは行動を起こせずにいると、しびれを切らした女性から告白されたのですが、どうしても男性としての自分に自信が持てないということを正直に話すと、何と彼女から「それでもいいから付き合って欲しい」と言ってもらえ、晴れて付き合うことになりました。

しかも彼女と付き合い始めてからなぜか精力がついてきたようで下半身の元気が戻ってきて数年ぶりにしっかりと夜の営みを行うことができました。

急に元気になってきたので不思議に思って彼女に話してみると「気づかれないように精力に効く食べ物を取り入れて食事を作っていた」とのことで、確かに料理上手な彼女だと思ってはいたのですが、そんなことまで考えて、しかも僕にプレッシャーをかけないようにこっそりと行っていてくれたということにとても感動しました。

やはりサプリなどではなく毎日の食べ物のほうが重要なようですね、それからは自分でも気をつけて外食でもナッツ類や魚介類の入ったメニューを選ぶようになりました。


 

精力剤ランキング