精力とタウリンの関係について


精力タウリン


精力を上げるためには「シトルリン」「マカ」「高麗人参」などの成分や生薬などが有効的だとは言いますが、「タウリン」が精力アップに関係しているとはあまり聞いたことがないのではないでしょうか?

タウリンはアミノ酸の一種で牡蠣やタコ、ハマグリなどの魚介類に多く含まれる成分です。

肝機能を助けたり、脳や目など様々な臓器機能を補助しています。アルコール分解も補助してくれるとだけあって体には無くてはならない成分の1つです。

このタウリンの機能の1つとして、体内に蓄えられている亜鉛の消費を少なくしてくれる働きがあります。(詳しくは後述します。)

まこと

亜鉛は男性の前立腺の中に大量に含まれている成分で精子を生成する成分であったり、男性ホルモンを分泌するために必要であったりと、精力を維持するために無くてはならない成分なのです。

この亜鉛を体内に止めておく機能を持っているのがタウリンなのです。

従って間接的ではありますが、精力を維持するために活躍する栄養素なのです。


そもそも何故、精力が低下するの?

精力とタウリンの関係性について話していますが、そもそも何故男性の精力は低下していくのでしょうか?

まず男性の陰茎が勃起する仕組みから見ていきましょう。男性は性的な刺激を五感で感じ取ることで脳内の勃起中枢から脊椎を経由して陰茎に興奮を伝えます。するとペニスを埋め尽くしている陰茎海綿体という毛細血管内に一気に血液を流し込みます。これが「勃起」という生理現象です。

加齢による動脈硬化、疲労やストレスなどによる体力低下、神経の異常などによって、正常に勃起する機能が働かないことを勃起不全(ED)と言います。

まこと

又、夫が妻に対してだけ性的な興奮をしなくなる「妻だけED」という勃起不全の一種もあります。

動脈硬化で精力が低下する理由は、悪い食生活により血中のコレステロール値が高くなると脂質が血管内で固まり血管壁に付着してしまいます。

これにより、血流が悪くなったり、血管が硬くなります(動脈硬化)から、余計に血流が悪くなります。高血圧、糖尿病などの生活習慣病を患っている方は間違いなく動脈硬化が進行しています。


精力増強にタウリンが効果的なワケとは?

ED(勃起不全)が発症する主な理由は「動脈硬化」とお話ししました。つまり「高血圧」になることで精力は低下していくのです。(血管が収縮するため)

では、タウリンがどのように高血圧に作用するのか見ていきましょう。

人間はストレスや疲れを感じると脳内でノルアドレナリンを放出します。するとノルアドレナリンは血管内に侵入して血管自体を収縮させます。これが高血圧の原因になります。

ここでタウリンの出番です。タウリンはこのノルアドレナリンの発生を抑制してくれるのです。結果的に血管は収縮せず、高血圧を予防できます。

さらに、お酒の飲み過ぎもEDになります。まず1つ目はお酒を飲みすぎると神経伝達が遅れますので、陰茎の感覚神経が麻痺して刺激を感じづらくなります。結果的に中折れしたりします。さらに、脳内の勃起中枢神経も鈍くなりますので、興奮が陰茎に伝達されずそもそも勃起できないという状態に陥ります。

2つ目は「アセトアルデヒド」です。これはお酒を飲みすぎることで発生する有害物質です。二日酔いの頭痛はこれが原因と言われています。少量のお酒なら問題ないのですが、飲みすぎることで肝臓のアルコール分解スピードが追いつかずキャパを超えます。するとアセトアルデヒドが体内をかけめぐり二日酔いになります。

まこと笑顔

そして、このアセトアルデヒドを分解するときに多量の「亜鉛」を消費してしまうのです。亜鉛は精子を生成したり、男性ホルモンを分泌する精力の根源です。

ここでタウリンをしっかり摂取しておくことで、アセトアルデヒドの分解スピードを速めてくれるので、亜鉛を消費せずに済みます。

つまり、亜鉛を体内に蓄えておけますので、精力を維持する助けとなるのです。

タウリンは飲酒時の亜鉛消費を抑制し、高血圧も予防してくれる、精力だけではなく、健康のサポートもしてくれる強い味方なのです。


【 この記事を読んだ人が次に読んだ記事 】

ムラムラが止まらなりました。おかげで妻とのセックスも7年ぶりに復活。数々のセックスレス夫婦を救ってきた精力剤「海乳EX」の口コミ体験記事はこちら(画像付き)